相性を見極め、場合によっては転院もあり

医師との相性は大事!見極めるポイントとは

心療内科を利用するにあたって、重要なのは医師との相性だといえます。患者に元気がないときに、励ましてくれる医師が患者にとって合うのかどうかは患者の性格によって異なります。また、投薬も四角四面に淡々と行う医師もいれば、細かい症状に応じて変化させる医師もいます。そのため、患者は医師を自分に合っているか見極めて選ぶ必要がありますが、そのときに重要なポイントがあります。そのポイントは、医師が治療方針に柔軟かどうかです。薬事法に違反しない範囲で頓服などを用いて突発的な症状の悪化を防ぐために投薬をしてくれたり、患者の話を長く聞いて症状を調べてくれたりしているように患者が感じられる医師は比較的患者にとって合っている医師だといえます。

医師選びは生涯にわたって重要な理由

医師選びは、現在の精神疾患の対処のみならず、これからの生涯にわたって重要になる可能性があります。精神疾患の患者は、住んでいる自治体にもよりますが、数々の公的な支援を受けることができます。そこで、医師に診断書を書いてもらう場面が増えるのですが、あまり患者のことを把握していない医師だと不都合が生じます。例えば、精神障碍系の障害者手帳の交付を受けたいときや、自立支援の制度を活用したいときなどに患者のことや制度について理解がない医師だと患者が不利益を被ります。基本的に、患者と相性が良い医師であれば、診断書も深いところまで踏み込んで書かれますが、逆に患者を流れ作業のように診断する医師もいることに注意が必要です。相性が良くない医師に当たった場合、同じ病院やクリニックで他の医師に見てもらうことが難しいため、転院も考えるべきだといえます。

© Copyright Academy Of Consultation. All Rights Reserved.